ミディアムスマートウォレット

マネークリップ感覚で使うスマートウォレット。

必要最小限な機能を備えたスマートウォレットが人気です。私も仕事先やちょっとした外出時にラウンドファスナータイプの小銭入れにお札を入れていました。この場合、お札を4つ折りにして収納しなくてはならず枚数は入らないし、折グセがついてしまうので券売機や自販機を使う場合に受け付けない事が多発。紙幣を4つ折りにすること自体が何とも情けない感じに・・・。巷にはギミックに溢れたコンパクトなお財布もありますが、果たしてそれが使ったときに「スマート」なのか疑問に思っていました。そこで、以前建築家の友人が考えたお財布をアレンジして自分で使ってみるととても使いやすい!ブラッシュアップを重ね、オリジナル商品として販売することにしました。使った感覚としてはロディア手帳ケースくらいの大きさで使いやすく、お札を出すときに引き抜く感覚が独特でマネークリップ的な使い方を楽しめます。

芯を入れずに独特の硬さとハリを出すには?

この財布のコンセプトは限りなくシンプルに作りながらコンパクトに仕上げることです。革は厚みが薄くなると素材のコシがなくなるため表革と裏革の間に芯を入れてハリを出します。1枚革で作る場合はそれなりの厚みが必要になります。このスマートウォレットは1枚革で芯を入れたような機能を持たせるために次の加工をしています。・革の裏面(床面)に毛羽立ち防止のワックス加工。・革のしなやかさと潤いを与えるオイル加工。・低温で蜜蝋(ビーズワックス)を革の内部に浸透させる加工。蜜蝋は革の保護剤にも使用されている素材で水を弾き革の乾燥、ひび割れを防いでくれます。手作業で蜜蝋を入れる量をコントロールしながら独特のハリとコシを生み出します。

縫製も必要最小限に

革製のお財布で一番ダメージが出るのが革が折れ曲がる外周部分です。まずここの縫製糸が切れ、段々広がっていきます。このミディアムスマートウォレットは1枚革なので必要な部分以外の縫製をする必要がなく、糸が切れるリスクを最小限にしています。

背面に小銭入れがついたモデルも選べます。

背面に小銭入れがあるモデルもオプションでお選びいただけます。私は出先などで使う財布としてこのモデルを使用しています。背面の小銭入れは収納力はそれほどありませんが、必要最小限の機能は備えています。片側にマチがあり、フォスナーはYKKの最高級ラインのエクセラを使用しスライダーはお財布用に開発されたフラットなものを採用しました。

カードは5+1枚程度収納できます。

カードの収納は2箇所あり、フラップ側はSuicaやPasmoなどのICカードを入れると便利です。
フラップを開けたときにカードが見えないポケットサイズで作ってあります。内側のストラップ部分にはカードが5枚程度収納可能です。画像では5枚収納しておりますが、少ないほど本体の厚みも薄くなります。

薄くて美しいフォルムを作るために

ミディアムスマートウォレットは本体が三つ折りになる構造になっています。そのままの厚みで折ってしまうと反発する力がかかり革にも負担がかかります。折れる部分の厚みを薄くすることにより革に無理がなく3つ折りにした時の厚さも軽減できます。革のエッジ部分(コバ)は下処理の後染料で染色後、熱したコテを使い蜜蝋で締め磨いています。シンプルで美しいラインを表現するために細かい仕事が入っています。

<商品情報>
・80mm×116mm・素材:天然皮革(牛革)
・Concept Design:Youichi Saito(HUCOS,Nuki)・Arrangement&Production:Tetsuei Iizuka
<使用上のご注意>素材の加工に天然蜜蝋を使用しています。蜜蝋の融点は約65℃程度と言われておりますが、高温になる場所での保管は避けてください。蜜蝋の特性として、長期間使用しないとロウの成分が革の表面に白く浮き出しますが不良ではありません。ロウが浮き出た際は柔らかい布で磨くと光沢がでます。

最新情報をチェックしよう!